新型 コロナ ウイルス 生物 兵器 説。 新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。発信源は2つの有名陰謀論サイトだった

中国がこれを機に世界を支配してしまうのではないかという危機感が「中国人造ウイルス」説の背後にはあります。 否定的なまとまった論説はこちら-> 個人的には峰先生ご指摘の2013年採取、1月27日公開のコウモリ由来コロナウイルスQHR63300. ショーハム氏の証言は「中国がSARSやコロナウイルスなどを生物兵器として研究開発している」ことを独自の見解として述べた上で、武漢にある2つの研究施設が「生物兵器開発に関与しているとみられる」「SARSの研究をしている」ことを根拠に、「生物兵器として開発された新型ウイルスの可能性がある」と指摘する内容だ。

5

新型肺炎、くすぶる「兵器用ウイルス説」 当局に不信感―中国:時事ドットコム

具体的には、デリー大学とインド理工学院の研究者たち(筆頭執筆者はインド理工学院のプラシャント・プラダン研究員)が、査読前論文サイト「bioRxiv(バイオアーカイブ)」に、ウイルスの遺伝子配列を人工的と誤認した査読前の論文を投稿し、わずか2日後に撤回した。 それ以外の陰謀論のほとんどは筆者の見るかぎり、「武漢に病原体研究施設があった」という事実から、何の具体的情報もないまま「そこから漏れた可能性がある」と想像し、さらに「そこで開発していた人工ウイルスではないか」と話を膨らませたものばかりで、いずれも科学的根拠がない。

7

新型コロナウイルス:「生物兵器」の陰謀論、政治家やメディアが振りまく(平和博)

ちなみに、中国は、を通して、中国はアメリカ並みかアメリカ以上に、コロナウイルスの発見に取り組んでいることを示したかったようだ。 現在、世界各地で増えていますがそれでも5%は超えていないようです。

5

【都市伝説】新型コロナウイルスにまつわる都市伝説!!

ところが、これらの記事を根拠に数多(あまた)の陰謀論サイトが「やはり中国軍の生物兵器だった」と扇動的に拡散した。 Cross-species transmission of the newly identified coronavirus 2019-nCoV. 感染の中心地である中国湖北省武漢市にある武漢ウイルス研究所について、ボイル氏は「研究所では以前にも流出事故が報告されている」と付け加えた。 しかし証拠は明らかだ。

20

【都市伝説】新型コロナウイルスにまつわる都市伝説!!

武漢の海鮮市場が発生源ではない可能性 一方、ウイルスが人工か自然由来かといった議論とは別に、医学誌Lancetで2月に発表されたでは、12月1日に発症した最初の患者をはじめ、計41人中14人の患者は武漢の華南海鮮市場とは無関係であることが示されているようです。

7

新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか

一度、中国共産党指導者らが生物兵器を完成させたとき、彼らは世界的支配者となる「チャイナドリーム」を達成するために脅威的なパンデミックを解き放つことをためらうだろうか?共産党の指導者がそのような「暗殺者の矛」を使用するとは考えられないと疑う人は、どのような道徳心や倫理観が彼らを自制させるのか明確に説明してほしい。

14

新型コロナ「バイオ兵器説」の裏に隠された真実とは どこか不自然、“噂”の否定に躍起になる中国当局(1/5)

HIV-1 did not contribute to the 2019-nCoV genome. とりあえず研究してみるといった程度のものに、予算がつくことはほとんどない。 彼がそれらの記事で主張しているのは、武漢には2つの研究施設(うち1つは前述した「 武漢病毒研究所」で、もう1つは「 武漢生物製品研究所」)があり、いずれも中国軍の生物兵器研究に関与している疑いがあるということ。

12

【都市伝説】新型コロナウイルスにまつわる都市伝説!!

世界各国の関連研究機関で 研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。