俺 だけ レベル アップ な 件 100。 俺だけレベルアップな件100話最新話ネタバレ【韓国/英語版翻訳】|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

「俺だけレベルアップな件」 第100話 英語版を翻訳したネタバレ

俺 だけ レベル アップ な 件 100

本記事は、 韓国版を翻訳したものを掲載しています。 胸を貫かれた美濃部。 するとアリは、彼の頭部を食いちぎる。 衝撃の光景に、目を見開く一向。 白川が飛び掛かるが、首を掴まれてしまい、獣化がとけてしまう。 アリは、韓国チームに弱いと告げる。 彼はなんと、美濃部を食べたことで、言葉までも習得したのだ。 アリは白川に、王は誰かと尋ねる。 白川は何も答えられずにいると、アリは外に何かがいることを感じ取り、その場を立ち去った。 ゴトウリュウジのもとへと行くつもりかと思う白川。 ただ、彼らに残された時間は少なくなっていた。 アリの大群がすぐそばまで迫ってきていたのだ。 リウ・ジガン その頃、ゴトウたちは、連絡が途絶えたC,Dチームのもとへと向かっていた。 ゴトウはBチームのタカワに、その場を片付けて合流する手はずを整えておくように指示を出した。 一方、中国の戦艦では、2人の船員が今回の作戦について話していた。 彼らは、日本人が架南島を手伝っているのは、ゴトウリュウジを国家権力級だけにするためだけではないと考えていた。 どちらにしても、ゴトウリュウジの実力では、今回の攻略は大きな賭けだという。 中国のS級、リウ・ジガンと比べては、レベルが段違いだと。 ゴトウ死す ゴトウたちは、ケイの無残な死体を見て驚愕していた。 ゴトウは無線を使い、何人か死者が出たと報告する。 だが、それは彼らが弱かっただけで、大した問題ではないと言う。 電話の相手は、韓国チームは今女王と戦っている頃かとゴトウに尋ねた。 ゴトウは「はい」と答え、妨害電波に問題があり、全てのアリが女王の元へと戻ったことを報告する。 韓国チームの生存確率を問われ、0%だと答えるゴトウ。 電話の相手は「よし」と言うと、韓国のS級ハンターを消す作戦は成功したといい、全員に撤退命令を下した。 ゴトウが、ホシノとイシダに撤退を指示。 彼らの遺体は…と話していると、何者かに襲われる。 何とか剣でガードしたゴトウ。 だが、隣にいたイシダは首を切り裂かれた。 ゴトウは、ここは自分に任せて、Bチームと合流するようホシノに告げる。 アリはゴトウに、王かと尋ねる。 ゴトウは、アリが話していることに驚くが、剣を構え、自分が王だと答えた。 それを聞いたアリは興奮したのか、突然叫ぶ。 ゴトウは、そのアリが放つプレッシャーに見覚えがあった。 それはいつのことだったか…。 走馬灯のように旬の顔が映り、彼の剣は折れ、首が落とされるのだった。 韓国チームの窮地に旬が駆け付ける! 最上は、迫りくるアリの群れを撃退していた。 全員重症を負っており、今は最上の炎だけが頼りなのだ。 だが、彼らの横から、アリが襲い掛かってくる。 ここまでかと思う白川。 が、 なんと彼の足元から影の兵士が現れ、そのアリを食い止める。 目の前に突如現れた黒騎士に、困惑する白川。 その頃旬は、リターンとつぶやくのだった。

次の

【原作小説132話】俺だけレベルアップな件/英語版翻訳

俺 だけ レベル アップ な 件 100

Contents• 抱き合いながら移動した二人• 雫ちゃんをからかう旬• 雫との闘いに旬が選ぶ影• その頃、後藤会長• 第一ラウンドが終わり、始まる第二ラウンド 135話 翻訳 雫 強敵との再戦 始まる闘い• 「彼女を傷つけることなく倒す」という命を受け、先手を切るのはベル。 驚異的なスピードで近づき、雫の戦意を失わせるため、叫び声で威嚇。 雫は圧倒されるも、鋭い連撃を繰り出す。 しかしベルは一歩も動かずに連撃を交わす。 なすすべもなく困惑すると同時に、そんな恐ろしい召喚獣を手名付ける水篠ハンターに驚く雫。 恐怖で鈍る雫の隙をつき、ベルは彼女の剣を叩き落し、巨大な顎が雫の顔を近づく。 凍り付く雫にベルは、頭を噛み潰したい衝動を抑え、魔法のエネルギーを含む叫び声が浴びせた。 一方的な展開に顔をしかめる旬。 雫には何か奥の手があるのだろうかと、二人を見守る。 ベルは、圧倒的な力の差を示しても諦めない雫を、理解できない。 勝負の行方は• 敵を死にいざなうダンスのような雫の剣先を、すべてたやすく防御するベル。 「これ以上遊ぶ必要なない」と苦い表情をするベル、攻撃を素手で止め、雫の剣を折る。 絶体絶命に思われるも、しかし雫の目の輝きは失われない。 『最後のチャンス!!』雫が折れた剣先に魔力を集中すると、 雫の奥の手「 光の刃」が形成される!• 剣を折りガードのあいたベルの前に飛び込み、雫は渾身の一撃をは打ち込む! 雫の剣がベルの腹部に刺さる!• 刺されたベルは叫び、雫を主君の敵と判断した。 主君を守るべく、この女性を殺す直ちに始末するのだ!ベルの本能が告げる。 殺意の塊と化したベルの鋭い爪が、雫に襲い掛かる!!「 やめるんだ!!」と旬。 間一髪、旬はベルの攻撃を素手で止め、ベルを睨む。 (やめろと言っただろう?)• 怒る旬に我に返るベル、即座に地面にひれ伏し、許しを請う。 「主君を守る」というベルの意思を感じ取っていた旬は、ベルから視線を外す。 再び死に直面し、恐怖で崩れ落ちた雫。 心配する旬の呼びかけに、なんとか答える。 旬は、どうして彼女がこれほどまでに頑張って険しい道を選んでも、自分のギルドに入りたいのかと、雫に問う。 そして勝利にこだわった雫について考える。 (もしかして…)旬は彼女のプライドを傷つけないように、慎重に彼女に尋ねる。 「もしかして…私に興味があるんですか?」• 『えぇっ??』動揺する雫、首を傾げ、違うのかと尋ねる旬。 雫は動揺し、頭の後ろで叩かれたかのように唖然とした表情をした。 旬は首をかしげる。 はい、その通りです。 』 旬を狙うアメリカハンター局• ハンター局局長のデビッドブレナン。 マダムセルナーと副局長マイケルを、会議室に呼び出した。 マダムの能力の被験者がスカウトを拒否するなど、初めてのことだ。 何が起こったのか、説明を求める局長。 副局長は慎重に語る。 『マダム・セルナーは水篠ハンターを「観察」することができました。 「結果はどうだったのだ?」マダムの観察の結果は、スカウトと同じくらい重要なのだ。 『水篠ハンターは…。。。 明らかに「王」の一人です。 飛び上がり驚く局長。 マダムがこれまで王と表現したのは、世界中にわずか3人の、非常に強力な存在なのだ。 そこに水篠旬も含めなければいけないということである。 局長はマダムセルナーに、三筋のハンターは国家権力級ハンターと同等なのかと問うも、マダムはなぜか否定する。 マダムの能力は、 覚醒者を目覚めさせた力と覚醒者をつなぐ、 通路を感じられること。 そして王と呼ばれるハンターからは、目が眩むほどの光の洪水が浴びせられる。 しかし、、旬にはその通路は無く、旬の中は暗闇そのもの、恐ろしい暗闇は逆にマダムを見つめていた。 無礼を働いたエージェントを即殺しなかった旬は、悪人には見えない。 マダムのいう暗闇というのは、善悪の悪ではないのだ。 暗闇が旬の力の根源なのである。 マダムの話に耳を傾けていた局長。 「彼が強力なハンターだということは、勘違いではありませんか?」• マダムはうなずく。 『水篠ハンター、彼は他の誰かの力を借りていません。 彼は自分の内にある力に頼っているだけなので、通路に制限されていません。 つまり…彼の力に制限はありません…』• 副局長は制限のない旬の力を想像し、身震いをする。 そして深く考えた局長は、何かを明確にひらめく。 「マダム、頑張ってくれてありがとう。 」 アメリカ、次の手は?• マダムを見送った二人は、古い記録が厳重に保管された地下に向かう。 局長は、マダムセルナーの力に頼らず旬を連れてくる方法を、ひらめいたのだ。 水篠ハンターの力が「光か闇か」は問題ではない。 局長は、なんとしてでも計り知れない力を持つ旬を手に入れたい。 局長は、 8年前の史上最悪のS級ゲートのダンジョンブレイクについて、語る。 アメリカは世界中の強力なハンターを莫大な報酬で雇ったが、たった1体のボスを倒すのに多数のトップハンターが死に、 最終的に生き伸びたのはわずか5人のハンターである。 アメリカ政府は救世主である5人に国の権利と同等の権利を与えた理由であり、それが「 国家権力級ランク」という用語の由来である。 「カミッシュ・ザ・ドラゴン…」局長は、人類史上最悪の悲劇をもたらした怪物の名前を呟く。 地下フロアの最奥に辿り着いた二人は、厳重な監視下にある魔法石の前に立った。 驚く副局長。 そこに隠されていたのは、カミッシュの死体から取り出された魔法石だった。 カミッシュレイドのあと、2人の国家権力級ハンターが、アメリカに定住した。 ある意味でそれは、カミッシュがアメリカに届けた贈り物である。 そしてカミッシュの魔法石は、ハンター局の地下で、新しい所有者を待っている。 魔法石を見つめ、満足げに笑みを浮かべる局長。 「カミッシュは、私たちの美しい国へ、もう一つのかけがえのない贈り物をまもなく提供するだろう。 」 135話 解説・感想 ベルVS雫、、、白熱の戦いでした、、、!!! しかしやはり、雫の力は、ベルには及ばなかったようですね。。 ベルの威嚇、めちゃめちゃ怖かったと思うんですよ。 最後まで諦めずに戦い続けた雫ちゃんを、褒めたたえたいです。。 !! そしてベルの旬への忠誠の様子も、垣間見えましたね。 自分が刺された瞬間、ベルが気にしたのは、旬を守ること。 この忠誠心は、ほんとスゴイ。 旬にはやりすぎだって怒られてましたけどねww 死後、召喚されてからの、影たちの旬への忠誠心。 心から頼れる仲間となった影たちです。 そしてさ、そしてさ。 旬、雫ちゃんに、「私に興味があるんですか?」って聞いてたじゃん? 雫ちゃんの答え、完璧に告白じゃん? まだ気づいてないかもだけど、 今度こそ自覚してよねwwwwwwww もうさ、死闘の後に、何この展開wwwwwwwww そして舞台はアメリカへ。 マダムが見た旬の姿がなんだったのか、語られていましたねー! 旬の中には、他の誰とも違う、 暗闇に包まれた 力の根源がある。 プレイヤーとして再覚醒した旬は、やはり他の覚醒者たちとは異なる力をもっていることが分かりましたね。 それが、悪の力か、善の力かは、まだ分かりません。 それでもそれは、国家を揺るがすほどの力であることが、マダムの能力によって確かめられました。 アメリカも、なんとしても旬を手に入れたい様子ですね。 アメリカが次に出すカードは、8年前にアメリカでおこったS級ゲートのダンジョンブレイクのボスの魔法石。 このダンジョンブレイクは、世界中のトップランクのハンターの多数を、死に至らしめました。 ゲートの登場は10年前だから、まだ各国のハンター協会の設立も、ままならない頃でしょうね。 こういった悲しい事件の末、現在のハンターを守るためのランクシステムやルールが出来ていったのかと、思わされます。 貴重な魔法石を交渉材料にして、旬を呼びたいアメリカ。 ですが、貴重な魔法石には、旬はそれほど興味はないでしょう。。 交渉がどうなるのか、今後の展開は見ものです!.

次の

【俺だけレベルアップな件】ハンター強さランキングTOP8!!ハンター最強決定戦!

俺 だけ レベル アップ な 件 100

Contents• 抱き合いながら移動した二人• 雫ちゃんをからかう旬• 雫との闘いに旬が選ぶ影• その頃、後藤会長• 第一ラウンドが終わり、始まる第二ラウンド 135話 翻訳 雫 強敵との再戦 始まる闘い• 「彼女を傷つけることなく倒す」という命を受け、先手を切るのはベル。 驚異的なスピードで近づき、雫の戦意を失わせるため、叫び声で威嚇。 雫は圧倒されるも、鋭い連撃を繰り出す。 しかしベルは一歩も動かずに連撃を交わす。 なすすべもなく困惑すると同時に、そんな恐ろしい召喚獣を手名付ける水篠ハンターに驚く雫。 恐怖で鈍る雫の隙をつき、ベルは彼女の剣を叩き落し、巨大な顎が雫の顔を近づく。 凍り付く雫にベルは、頭を噛み潰したい衝動を抑え、魔法のエネルギーを含む叫び声が浴びせた。 一方的な展開に顔をしかめる旬。 雫には何か奥の手があるのだろうかと、二人を見守る。 ベルは、圧倒的な力の差を示しても諦めない雫を、理解できない。 勝負の行方は• 敵を死にいざなうダンスのような雫の剣先を、すべてたやすく防御するベル。 「これ以上遊ぶ必要なない」と苦い表情をするベル、攻撃を素手で止め、雫の剣を折る。 絶体絶命に思われるも、しかし雫の目の輝きは失われない。 『最後のチャンス!!』雫が折れた剣先に魔力を集中すると、 雫の奥の手「 光の刃」が形成される!• 剣を折りガードのあいたベルの前に飛び込み、雫は渾身の一撃をは打ち込む! 雫の剣がベルの腹部に刺さる!• 刺されたベルは叫び、雫を主君の敵と判断した。 主君を守るべく、この女性を殺す直ちに始末するのだ!ベルの本能が告げる。 殺意の塊と化したベルの鋭い爪が、雫に襲い掛かる!!「 やめるんだ!!」と旬。 間一髪、旬はベルの攻撃を素手で止め、ベルを睨む。 (やめろと言っただろう?)• 怒る旬に我に返るベル、即座に地面にひれ伏し、許しを請う。 「主君を守る」というベルの意思を感じ取っていた旬は、ベルから視線を外す。 再び死に直面し、恐怖で崩れ落ちた雫。 心配する旬の呼びかけに、なんとか答える。 旬は、どうして彼女がこれほどまでに頑張って険しい道を選んでも、自分のギルドに入りたいのかと、雫に問う。 そして勝利にこだわった雫について考える。 (もしかして…)旬は彼女のプライドを傷つけないように、慎重に彼女に尋ねる。 「もしかして…私に興味があるんですか?」• 『えぇっ??』動揺する雫、首を傾げ、違うのかと尋ねる旬。 雫は動揺し、頭の後ろで叩かれたかのように唖然とした表情をした。 旬は首をかしげる。 はい、その通りです。 』 旬を狙うアメリカハンター局• ハンター局局長のデビッドブレナン。 マダムセルナーと副局長マイケルを、会議室に呼び出した。 マダムの能力の被験者がスカウトを拒否するなど、初めてのことだ。 何が起こったのか、説明を求める局長。 副局長は慎重に語る。 『マダム・セルナーは水篠ハンターを「観察」することができました。 「結果はどうだったのだ?」マダムの観察の結果は、スカウトと同じくらい重要なのだ。 『水篠ハンターは…。。。 明らかに「王」の一人です。 飛び上がり驚く局長。 マダムがこれまで王と表現したのは、世界中にわずか3人の、非常に強力な存在なのだ。 そこに水篠旬も含めなければいけないということである。 局長はマダムセルナーに、三筋のハンターは国家権力級ハンターと同等なのかと問うも、マダムはなぜか否定する。 マダムの能力は、 覚醒者を目覚めさせた力と覚醒者をつなぐ、 通路を感じられること。 そして王と呼ばれるハンターからは、目が眩むほどの光の洪水が浴びせられる。 しかし、、旬にはその通路は無く、旬の中は暗闇そのもの、恐ろしい暗闇は逆にマダムを見つめていた。 無礼を働いたエージェントを即殺しなかった旬は、悪人には見えない。 マダムのいう暗闇というのは、善悪の悪ではないのだ。 暗闇が旬の力の根源なのである。 マダムの話に耳を傾けていた局長。 「彼が強力なハンターだということは、勘違いではありませんか?」• マダムはうなずく。 『水篠ハンター、彼は他の誰かの力を借りていません。 彼は自分の内にある力に頼っているだけなので、通路に制限されていません。 つまり…彼の力に制限はありません…』• 副局長は制限のない旬の力を想像し、身震いをする。 そして深く考えた局長は、何かを明確にひらめく。 「マダム、頑張ってくれてありがとう。 」 アメリカ、次の手は?• マダムを見送った二人は、古い記録が厳重に保管された地下に向かう。 局長は、マダムセルナーの力に頼らず旬を連れてくる方法を、ひらめいたのだ。 水篠ハンターの力が「光か闇か」は問題ではない。 局長は、なんとしてでも計り知れない力を持つ旬を手に入れたい。 局長は、 8年前の史上最悪のS級ゲートのダンジョンブレイクについて、語る。 アメリカは世界中の強力なハンターを莫大な報酬で雇ったが、たった1体のボスを倒すのに多数のトップハンターが死に、 最終的に生き伸びたのはわずか5人のハンターである。 アメリカ政府は救世主である5人に国の権利と同等の権利を与えた理由であり、それが「 国家権力級ランク」という用語の由来である。 「カミッシュ・ザ・ドラゴン…」局長は、人類史上最悪の悲劇をもたらした怪物の名前を呟く。 地下フロアの最奥に辿り着いた二人は、厳重な監視下にある魔法石の前に立った。 驚く副局長。 そこに隠されていたのは、カミッシュの死体から取り出された魔法石だった。 カミッシュレイドのあと、2人の国家権力級ハンターが、アメリカに定住した。 ある意味でそれは、カミッシュがアメリカに届けた贈り物である。 そしてカミッシュの魔法石は、ハンター局の地下で、新しい所有者を待っている。 魔法石を見つめ、満足げに笑みを浮かべる局長。 「カミッシュは、私たちの美しい国へ、もう一つのかけがえのない贈り物をまもなく提供するだろう。 」 135話 解説・感想 ベルVS雫、、、白熱の戦いでした、、、!!! しかしやはり、雫の力は、ベルには及ばなかったようですね。。 ベルの威嚇、めちゃめちゃ怖かったと思うんですよ。 最後まで諦めずに戦い続けた雫ちゃんを、褒めたたえたいです。。 !! そしてベルの旬への忠誠の様子も、垣間見えましたね。 自分が刺された瞬間、ベルが気にしたのは、旬を守ること。 この忠誠心は、ほんとスゴイ。 旬にはやりすぎだって怒られてましたけどねww 死後、召喚されてからの、影たちの旬への忠誠心。 心から頼れる仲間となった影たちです。 そしてさ、そしてさ。 旬、雫ちゃんに、「私に興味があるんですか?」って聞いてたじゃん? 雫ちゃんの答え、完璧に告白じゃん? まだ気づいてないかもだけど、 今度こそ自覚してよねwwwwwwww もうさ、死闘の後に、何この展開wwwwwwwww そして舞台はアメリカへ。 マダムが見た旬の姿がなんだったのか、語られていましたねー! 旬の中には、他の誰とも違う、 暗闇に包まれた 力の根源がある。 プレイヤーとして再覚醒した旬は、やはり他の覚醒者たちとは異なる力をもっていることが分かりましたね。 それが、悪の力か、善の力かは、まだ分かりません。 それでもそれは、国家を揺るがすほどの力であることが、マダムの能力によって確かめられました。 アメリカも、なんとしても旬を手に入れたい様子ですね。 アメリカが次に出すカードは、8年前にアメリカでおこったS級ゲートのダンジョンブレイクのボスの魔法石。 このダンジョンブレイクは、世界中のトップランクのハンターの多数を、死に至らしめました。 ゲートの登場は10年前だから、まだ各国のハンター協会の設立も、ままならない頃でしょうね。 こういった悲しい事件の末、現在のハンターを守るためのランクシステムやルールが出来ていったのかと、思わされます。 貴重な魔法石を交渉材料にして、旬を呼びたいアメリカ。 ですが、貴重な魔法石には、旬はそれほど興味はないでしょう。。 交渉がどうなるのか、今後の展開は見ものです!.

次の