リベ 大 コミュニティ。 【2020年1月開催】リベ大ゆるコミュの東京オフ会で得られたもの|ゲーム会社員の副業雑記

リベ大*実践記録日記

リベ 大 コミュニティ

r(B・I)>g(E・S) ・シングルマザー(母子家庭)賃貸、シェアハウス 以下、テンプレ。 が参考になります。 もし、あなたが「コ〇スぞ!」と言われても何とも思わないメンタルをお持ちであれば、を読んでくださいw もうお金をもらって物件を引き取り、更に蔵の宝物で更にキャッシュゲットという錬金術で最速でリタイア可能状態になれますw そのレベルになれば、銀行から「借りてください!」って言われますし、地方(土地や安いけど家賃が取れるエリアのみ)で新築アパートを建て、最終的に東京都へ攻め上り、少子化が来てもビクともしないエリアに物件が買えるようになると思います。 自己資金が少ない人はふんどし王子さんとポールさんの中間あたりを狙いましょう(自己資金ゼロの人はタダかお金をもらって譲ってもらい、自己資金が少しあるならその金額に合わせて買いましょう「但し、評価額( 路線価や固定資産税評価 )>買値」で)。 私も過去に500万円で売りに出ていた物件を250万円で指値して「無理ですよ!」って言われた物件、半年後に業者さんから「250万円で買ってください」と言って買い、すぐに実需(持ち家を買いたい人)で500万円で売り抜けましたw(特別な事例ではなく、よくある話ですよw)。 あ、あと、自治体の空家バンクも定点観測しておきましょう。 トレードは後述するXM証券。 レバレッジ888倍のXM証券のFXマイナス残高0リセットで安心。 ツイッターで情報収集してます。 区分といえば 芦沢晃さんなので著書を後述しておきます。 実績のある方はたまに出る良い物件を拾っていくか土地から新築でしょう。 猪俣先生に相談に行く前に下記の本を読んで自分で分析して分からないところを訊けば良いかと思います。 「精神的に追い詰められた。 自己破産して早く楽になりたい」と言う前に下記の動画のたちばなはじめさんに相談しましょう。 相談者が増えているようで、まずはから申し込みが必要なようです。 「自己破産しちゃいけない! 債務整理しちゃいけない! 自殺はもっとしちゃいけない!!」はその通りです。 もうお一人は、です。 他にも何冊か出していらっしゃるので「吉田猫次郎」で検索すればヒットします。 任意売却実績No.1のプロが教える不動産赤字から脱却する究極の選択。 【目次】(「BOOK」データベースより) 1章 迫る2020年、近づく「不動産投資の曲がり角」 2章 その投資用不動産、ちゃんと利益を生み出せていますか? 3章 「任意売却」が一番良い選択肢の理由 4章 任意売却実務の手続き、スケジュールを知る 5章 赤字物件を売却し、不動産投資家として復活するための手順 6章 収益不動産の任意売却事例集 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 三井和之(ミツイカズユキ) 不動産投資業を展開する株式会社カウル代表取締役。 任意売却支援業を得意とする株式会社フェイス不動産コンサルティング創業者。 1974年生まれ、岡山県出身。 大学卒業後、父親の経営する会社の役員として勤めた後、2010年11月より不動産投資業を始める (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 引用終了 「不動産投資でキャッシュフローが回らなくなってしまった人が、どうやって脱出するかということが書かれている」本とのことなので、かぼちゃその他のシェアハウスや地方RC一桁利回りを買って、ババを引いたと思っている方や、今はうまく回っている方も一読をおススメします。 不動産投資のノウハウ、やり方、不安など無料でご相談できます。 興味のある方は、ぜひご連絡ください。 株式会社いきいきコーポレーション代表取締役 いきいき大家養成塾 代表 不動産業・証券業界で会社員を10年間経験、 現在は、6棟59世帯の大家業をやりつつ、 不動産投資塾の運営、物品販売業をしています。 > 【内容情報】(「BOOK」データベースより) これから不動産投資を始めたい、だけど何から始めていいかわからない、不動産投資のリスクが怖い、自分がどこの銀行からどのような融資を受けられるかわからない、どのような物件を買っていいかわからないなど、 もしあなたがこのような疑問をお持ちであれば、本書を読んでいただければ、不動産投資を始めるには、「何の情報が必要」で、「何をすればよいか」が具体的にわかる。 不動産投資の成功法則を伝えるだけではない。 1年で6棟59世帯・総額3億円以上の物件規模拡大をしてきた現役大家が「失敗した経験」から伝える。 【目次】(「BOOK」データベースより) 序章 なぜ、今1棟アパート・マンションを購入すべきなのか 第1章 私のしくじりはこれだ!俺みたいになるな! 第2章 不動産投資の失敗「怖!こわい」を減らす方法 第3章 まずは、融資の条件から投資基準をつくりなさい 第4章 不動産投資を始める前の基本準備 第5章 初心者が「最初で最高の決断」をする方法 第6章 不動産投資を始めるためのマインドセット 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 藤本光秀(フジモトミツヒデ) 株式会社いきいきコーポレーション代表取締役。 不動産投資塾いきいき大家養成塾代表。 大学卒業後にアパート建築会社へ就職、3年間勤務。 退職後は自分が投資する側になりたい思いから証券会社に転職、7年間勤める。 2014年3月に初めて1棟不動産のオーナーになり、そこからちょうど1年で6棟59世帯の物件規模拡大に成功。 2015年7月に勤務していた会社を辞めて、株式会社いきいきコーポレーションを設立。 【人気の再生リスト】 💵お金の勉強 -初級編-初めての方はこちら 「貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う」……人生を豊かにするために必要なお金の仕組みや適切に資産形成をするための考え方、お金の有意義な使い方など、本来は全ての人に知っていて欲しい、基礎教養としてのお金の学問です。 【🏫リベラルアーツ大学とは】 日本一自由なIT会社の社長(兼、投資家)の両と、有志のスタッフが運営しているWebコンテンツの総称。 「自由に生きる人を増やしたい!」という想いのもと、《時間の自由》《経済的自立》《精神的自立》を得るために必要な知識を様々な形で配信しています。 両学長のリベ大ゆるコミュニティ(無料)には下記で紹介されているようにたくさんのチャットがあります。 まずはこの2つは熟読して、プロフィールの設定を済ませてから、まずは自己紹介してください。 私は主に社労士チャットにいます。 もし、あなたが「コ〇スぞ!」と言われても何とも思わないメンタルをお持ちであれば、を読んでくださいw もうお金をもらって物件を引き取り、更に蔵の宝物で更にキャッシュゲットという錬金術で最速でリタイア可能状態になれますw そのレベルになれば、銀行から「借りてください!」って言われますし、地方(土地や安いけど家賃が取れるエリアのみ)で新築アパートを建て、最終的に東京都へ攻め上り、少子化が来てもビクともしないエリアに物件が買えるようになると思います。 自己資金が少ない人はふんどし王子さんとポールさんの中間あたりを狙いましょう(自己資金ゼロの人はタダかお金をもらって譲ってもらい、自己資金が少しあるならその金額に合わせて買いましょう「但し、評価額( 路線価や固定資産税評価 )>買値」で)。 私も過去に500万円で売りに出ていた物件を250万円で指値して「無理ですよ!」って言われた物件、半年後に業者さんから「250万円で買ってください」と言って買い、すぐに実需(持ち家を買いたい人)で500万円で売り抜けましたw(特別な事例ではなく、よくある話ですよw)。 あ、あと、自治体の空家バンクも定点観測しておきましょう。 トレードは後述するXM証券。 レバレッジ888倍のXM証券のFXマイナス残高0リセットで安心。 ツイッターで情報収集してます。 区分といえば 芦沢晃さんなので著書を後述しておきます。 実績のある方はたまに出る良い物件を拾っていくか土地から新築でしょう。 猪俣先生に相談に行く前に下記の本を読んで自分で分析して分からないところを訊けば良いかと思います。

次の

本当の自由を手に入れるお金の大学

リベ 大 コミュニティ

リベ大ゆるコミュとは? 参加者が13,000人を超えた無料コミュニティ。 チャットワークで気軽に参加でき、日々活発なやり取りがなされています。 リンク 今回参加したオフ会の主題は「不動産」と「確定申告」でした。 特に不動産の動きは活発で、毎月どころか毎週全国各地で開催されている人気っぷりです。 前回に続き、今回も得られるものが多く、参加者がもっと増えればと考えましたので、ご紹介いたします。 オフ会で得られるものは主に以下の通りです。 近い価値観を持つ仲間と話ができる• お互いに刺激しあい、モチベーションが上がる• 自分より先のステージで活躍する人と話すことで、気付きが得られる なお、今回の内容は、全てのコミュニティのオフ会を推奨するものでは御座いません。 変な勧誘などがない、リベ大だからおすすめしているだけですので、その点ご承知おきくださいませ。 Contents• 近い価値観を持つ仲間と話ができる リベ大のゆるコミュに参加し、オフ会への参加を検討されている時点で、「自由に、豊かに生きるために学び、行動する」といった価値観をお持ちの方が殆どになります。 周辺の環境で、この価値観をお話しできる相手は中々見つかりづらいもの。 価値観が違うと中々話が合いません。 例えば、固定費や不動産、資産運用などなど・・・。 リベ大ゆるコミュでは共通言語となっているような事項を話しても、興味を持たれないことも多いのではないでしょうか。 同じ価値観を持った相手と話すという行為は、恐らく今あなたが考えている以上に、自分の考えも方向性も価値観も、どんどん鮮明になっていきます。 そのため、一人でやっていると揺らいで見えてくる道も、同じ価値観を持つ仲間と話していると明確になっていきます。 ご自身の進む道を見つめなおす、或いは修正する意味だけでも、オフ会への参加はおすすめ出来ますね。 お互いに刺激しあい、モチベーションが上がる 同じ、或いは似た価値観を持った相手と話すことは、それだけでモチベーションが上がります。 良い意味でのライバルや仲間からの刺激が無いと、自分のマインドだけでは中々モチベーションは上げられません。 経済的自由を目指す道は、長く険しく辛い事が多いです。 事業にしても副業にしても、基本的に作った自分の自由な時間を割いて活動します。 しかしすぐには結果が出ませんし、本当にこれで良いのかと迷いも生じます。 しかしこれも仲間と話すことで、辛いのは自分だけではなく、他にも同じ人がいること。 そのためにどう努力して、どう行動しているかを話したり、聞くことが出来ます。 人間のモチベーションや比較といった感情は、人と人とを比べた時にしか発生しません。 それを得られるオフ会は効果が大きいと言えますね。 なお、オフ会で聞いた話でも、僕自身が実際にやっていてもそう感じてきていますが、事業や副業を大きくしていく共通点がありました。 行動すること、継続すること。 これだけですね 笑 オフ会では、どちらも得られますよ。 自分より先のステージで活躍する人と話すことで、気付きが得られる これもオフ会での大きな大きなメリットです。 雲の上のような実績を上げている方、経験を積まれている方の生の話を聞くことができます。 今では遥か彼方の実績を上げている場合も、一つ一つの積み重ねでその実績に繋がったことや、その為の考え方をうかがうことができます。 その実績のある全員から共通して聞くのは「 最初は誰でも初心者、楽な道はない」でした。 真理ですね。 自分が今している失敗の殆どは、これらの方も経験されているので、具体的なアドバイスももらえます。 自分から会いに行かないと、この貴重な経験は行えません。 そのため僕自身は、これからもどんどん機会を見つけてオフ会に参加して学んでいきたいと思います。 なお、僕も経験してきたことは、全て話すようにしています。 自分が貰ったものは、誰かに返していきたいですね。 オフ会のメリットは、相手にも同じメリットになる 今回も大充実のオフ会。 メリットをおさらいします。 近い価値観を持つ仲間と話ができる• お互いに刺激しあい、モチベーションが上がる• 自分より先のステージで活躍する人と話すことで、気付きが得られる これは自分自身にもメリットとなりますが、相手にとっても同じメリットをGive出来ることになります。 自分では気づいていなくても、相手にとっては有益な経験が多数あるんです。 直接話す機会が無いと、中々Giveしあえるものではなく、自身が行動をして初めて得られる貴重な体験です。 今回の文章中、オフ会の具体的な内容に敢えて触れていないのもこれに起因します。 参加しないと得られないものが多すぎるからなのです。 他にもとても書けないような一次情報もいっぱいあったり もし、自分が相手にGive出来ることは無いとお考えの場合は、その考えだけは改めてください。 相手の話を聞くだけでも、充分なGiveになりますよ。 リベ大ゆるコミュでは、月に一度程度のペースで、各地で頻繁にオフ会が開かれています。 つまり、 参加のチャンスは、まだまだいくらでもあります。 何より、オフ会に参加するという行動を起こしていること自体、前に進むための一歩を踏み出している状態です。 もし今回の記事が、オフ会への参加を躊躇されていたその背中を、押すきっかけになれば、本当に嬉しいです。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

【有益】リベ大ゆるコミュニティのオフ会に参加しました!【楽しい】

リベ 大 コミュニティ

大丈夫!この後、両学長自身も数々の失敗をしたり、騙されたりといった経験を重ねて、お金に関する知識を学んでいくんだ。 リベラルアーツ大学の運営を通じて自由になる人を増やすため、YouTubeをはじめとした様々なメディアで日々有益な情報を発信してくれています。 リベラルアーツ大学とは リベラルアーツ大学とは、両学長をはじめとした運営メンバーが発信するWEBコンテンツの総称のことです。 「自由に生きる人を増やす」ことを目的として、時間的自由、経済自由、精神的自由の3つの自由を実現させるための具体的な情報をさまざまな形で配信しています。 上記はコンテンツの一部です。 リベ大おすすめコンテンツを紹介 リベ大では様々なコンテンツが発信されていますが、これからリベ大のことを学ぶという人向けに「これだけはチェックしておけ」というおすすめのコンテンツを紹介します。 1番はこれですね! 不労所得の考え方を両学長の実体験をもとに解説してくれています。 お金持ちはお金持ちでも毎日死ぬほど仕事をしているお金持ちと、ほとんど仕事をしなくてもいいお金持ちがいます。 その違いが何か、これをみると分かります。 投資のメリットが分かる点でもとてもためになる動画だと思います。 2.リベ大ゆるコミュニティ リベ大ゆるコミュニティとは、 Chatworkというアプリで参加できるグループチャットのコミュニティです。 両学長や、その理念に共感している人たちが集い、日々情報交換をしています。 例えば、動画を見てイマイチ理解できなかったことや、動画の内容を実践してみたけどうまくできなかったことなどについて、質問することができます。 その他にも、両学長の考え方に基づいて行動し、成功した人たちから動画にはない具体的な情報が提供されたりします。 会員数は2019年11月12日現在で 8,200人を突破したそうです! ただし、参加には条件があるので、公式ブログの 参加条件をしっかり確認しておきましょう。 (審査があるわけではありません。 ) また 質問力の動画を必ず見て、問題解決のために最適な質問ができるようにしておきましょう。 興味がある人はこちらから! 3.両学長のLINE@ 3つ目はこちら、LINE@です。 LINE@は毎日YouTubeの動画が更新されるタイミングで配信されます。 内容は、 動画の概要と 編集後記です。 動画の概要は、両学長の語り口で書かれていてとても分かりやすいです。 はるまき的にイチオシは編集後記で、両学長の個人的なおもしろエピソードや視聴者からの素朴な疑問に答えてくれたりと、自由に書かれています。 編集後記がお休みの日は少し物足りないくらい、面白いです。 その他にも、 突発的に質問回答コーナーを設けてくれるなど、登録しておいて損はない内容となっています。 追記:LINE の料金改定により、来年 2020年 1月に廃止される予定とのことです。 リベ大に出会って実際に変わったこと 変わったこと• 米国株を始めた• 浪費が圧倒的に減った• 副業を始めた• 目標ができた 1.米国株を始めた こちらの記事で米国株投資の有効性を詳しく解説しています。 この記事で紹介している米国株に関する過去のデータは、両学長のYouTubeから得た情報がもとになっています。 もともと日本株はやっていたはるまきですが、資産の全てを日本国内だけで保有しているとなると、それ自身がリスクになりかねません。 両学長の動画を見て、過去の実績からも米国株に投資すべきと判断し、米国株投資を始めることができました。 2.浪費が圧倒的に減った 両学長の動画を見る前は、毎日1000円ほどおやつやジュースに費やしていました。 両学長のお金に対する考え方を学ぶうちに、「その毎日1000円を投資に回せばどうなるか」ということを考えるようになりました。 それから家計簿をつけ始め、無駄な出費を削り、浮いたお金を投資に回すようになりました。 結果的に健康的に痩せることができましたし、お金が貯まるようになりました。 おやつやジュースをやめることに関しては、前向きな気持ちでやめたので大きなストレスはありませんでした。 3.副業を始めた このブログがそうです。 まだ報酬は出ていませんが、いつか、一つの収入の柱として成立させることを目指しています。 その他にも、せどりを始めました。 これまで給与収入だけで生活してきたはるまきにとっては、副業への挑戦が楽しくて仕方ありません。 いつか 「副業を本業に」を目指して頑張っていきたいと思っています。 4.目標ができた このブログのタイトルにもあるように、 セミリタイアという目標ができました。 投資と支出削減と副業のそれぞれについて学び、実践することでこの目標は実現不可能ではないと感じています。 まとめ お金についての悩みがあったり、自由を手に入れたいと考えている人は、まずは両学長のYouTubeで学び、リベ大ゆるコミュニティで同じ目標を持つ仲間とともに成長していくことができます。 目標への道のりは長く険しいかもしれませんが、リベ大のコンテンツを活用することで、目標への道を照らしてくれること間違いなしです。 驚くべきは、 これだけのコンテンツが全て無料で提供されているということです。 リベ大の理念に少しでも賛同してくれるのであれば、是非リベ大のことを人に進めていただきたいと思います。 また、から商品を契約することで、一部がリベ大の収益になるようですので、必要なサービスがあればから契約しましょう。 両学長からの大いなるギブだと思いますので、はるまき自身も敬意を持って利用していきたいと思います!.

次の